ネットをつかった趣味探しも悪くない

趣味探しは興味に基づいて可能性を広げよう!

ネットで趣味探しをするコツ

自分の趣味を探すのに他人の趣味を参考にしても仕方がないという考え方は確かにあります。もちろん他人の趣味をそのまま鵜呑みにしてもご自身の趣味として適していない可能性のほうが高いでしょう。ただ、他人の趣味を、あくまでも参考にして自分の趣味探しにいかすという考え方自体は悪くありません。

たとえばご家族の趣味や、友人知人、会社関係、親戚関係など、自分ではないという意味での他人の趣味を聞く機会があると、いろいろ参考になると思います。ただ、もっと不特定多数の意見を聞いたり、あるいはそれがどんなものなのかを実際目にしたりするためには、今の時代ならやはりインターネットを駆使するという考え方がベターです。

インターネットであれば、先入観なく話を聞くことができること、そして実際にその趣味を楽しむシーンを目の当たりにすることができるというメリットがあります。ただ、ネットで趣味に関する情報をどうやって見つければいいのか、あるいはほんとうにそんな情報が見つかるのか、少し心配になるかもしれませんね。

ただよく考えてみると、ブログだとか動画サイトであれば、無論すべてというわけではありませんが、多くは趣味にまつわる内容であることもまた事実です。日々忙しい生活を送っていながら、趣味を探すことさえ簡単でないのに、見ず知らずの人のブログや動画を参考にするというのもそう簡単なことではないかもしれません。

ところが、はじめは無意味と思ってブログや動画を見てみると、意外とハマってしまうことも多く、実際に自分もやってみたいと感じられることも多いようです。

自分がやってみたいと思えることが大切

たとえ見ず知らずの人のブログや動画であっても、自分でやってみたいと思えることが趣味探しにおいては非常に大きな意味を持ちます。やってみたいという思いの中には、その内容に興味があり、好意的な内容であり、実現することも可能な、いうなれば守備範囲でありストライクゾーンでもあるわけです。

上記の条件はいずれも、ご自身の趣味としてはとても理にかなっているといえます。つまり、趣味探しの方向性としても正しかったことを意味します。ですから、他人がやっていることを参考にして趣味探しをするということ自体は大いに賛成できるのです。

ただ、他人がやっていることを鵜呑みにして自分の趣味にすることは望ましくないでしょう。必ずそこに何らかの共感がなければせっかくの趣味も長続きはできません。